15 49.0138 8.38624 1 0 4000 1 https://www.bnter.com 300 true 0
theme-sticky-logo-alt

2023年1月18日は何の日?

2023年1月18日は何の日?

1月18日は何の日ですか?

毎月18日は観音様の縁日で、年の初めの縁日は「初観音」、都バスの日、歯科医学教育発祥の日、振袖火事(明暦の大火)、米騒動が富山で起こった日、118番の日。 館林初市、鯛供養弁天祭(鴨川市)が行なわれます。
キャッシュ

2023年1月23日は何の日?

1月23日はアーモンドの日

1月23日は、アーモンドの日。 アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれていることから、“美容や健康のために多くの人にアーモンドを食べてもらうこと”を目的としてカリフォルニア・アーモンド協会が2008年(平成20年)に制定した記念日です。

2023年1月16日は何の日?

キング牧師記念日 Martin Luther King. Jr Day。 2023年は1月16日月曜日。

1月18日 何の日 雑学?

1月18日=日本初! インドサイの結婚式(1963年) / 雑学ネタ帳 高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!

2023年1月19日は何の日?

1月19日は空気清浄機の日

1月19日は何の日ですか?

1月19日は、11(いい)9(くうき)の語呂合わせで、空気清浄機の日。 空気が乾燥する冬場はウイルスなども蔓延するので、近年では加湿空気清浄機が人気です。 空海が嵯峨天皇から東寺(京都)を賜ったのも旧暦1月19日。

2023年1月の日柄の良い日はいつですか?

どんなラッキーDayが? 2023年1月で最も注目したいのは6日。 一粒万倍日と2023年は6回しかない天赦日とが重なり、年明け早々とても縁起のいい日です。 9日の成人の日も大安、一粒万倍日、天恩日、神吉日が重なる上、3連休なので婚姻届提出や結婚準備にぴったり!

2023年1月17日 何の日?

1月17日は防災とボランティアの日

この日は、災害に対する自主的な防災とボランティア活動の認識を深め、災害への備えの充実を図ることを目的として制定された記念日。1995年(平成7年)1月17日に阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)が発生したことにちなんで定められました。

ひらく、いい鼻の日とは?

イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業グラクソ・スミスクラインの日本法人で、東京都港区赤坂に本社を置くクラクソ・スミスクライン株式会社が制定。 日付は「ひ(1)らく、い(1)いは(8)な」(ひらく、いい鼻)と読む語呂合わせから。

2023年1月19日 何の日?

1月19日は空気清浄機の日

1月17日は何の日ですか?

1月17日は、『金色夜叉』(こんじきやしゃ)で、間貫一が来年の今月今夜の月は必ず曇らせると宣言した日(『尾崎紅葉祭』)、阪神・淡路大震災、明治法律学校(明治大学の前身)開校、国府台天満宮『国府台辻切り』(市川市)、藤崎観音堂『はだか胴上げまつり』開催。

2023年の縁起の良い日は?

2023年は、一粒万倍日と天赦日の両方が重なった、最強開運日が3日(1/6(金)・3/21(火)・8/4(金))あります。

2023年1月の厄払いはいつですか?

1月3日(月)大安

2023年の新しい年が明けた元旦とお正月三が日は、厄年の方は厄年として最初に迎える日(元旦)と三が日です。

いいはなのひとは?

市制施行日である11月7日を語呂合わせで「イイなの日」とし、霧島市の魅力創造発信を行います。

8月7日は鼻の日とは何ですか?

『鼻の日』とは? 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が、昭和 36 年に「は(8)な(7)」の語呂合わせから制定した日です。 制定当時は副鼻腔炎(蓄膿症)の患者さんが多く、社会生活や学業に大きな影響を与えていたので、この疾患の早期発見、早期治療を勧めることを目標にしていました。

2023年1月の縁起のいい日はいつですか?

どんなラッキーDayが? 2023年1月で最も注目したいのは6日。 一粒万倍日と2023年は6回しかない天赦日とが重なり、年明け早々とても縁起のいい日です。 9日の成人の日も大安、一粒万倍日、天恩日、神吉日が重なる上、3連休なので婚姻届提出や結婚準備にぴったり!

2023年1月の開運日は?

2023年1月の縁起のいい日

大安で慶事などに吉の日も2~4つ重なる。 9日と21日は物事を始めるのに最適といわれる一粒万倍日でも。 特に良いのは慶事に凶の要素がない9日。 どんな凶も打ち消す最強の日で大安よりも良いといわれる天赦日で、スタートを切るのに良い甲子と一粒万倍日も重なる友引の日で、年間通してもかなり良い日。

厄祓い 2023 いつがいい?

2023年の新しい年が明けた元旦とお正月三が日は、厄年の方は厄年として最初に迎える日(元旦)と三が日です。 ものです。 日本各地の神社・お寺では年が明けるとともに、この元旦や三が日に「厄を祓って新たな年を迎えましょう」と銘打って、厄除け・厄祓いの案内が新年のものになったり、『厄除祈願祭』などを行うところも多くあります。

本厄と後厄 どっち が悪い?

厄年は、前厄・本厄・後厄と3年間に渡って続きますが、中でも本厄は最も注意が必要な年とされています。 前厄は厄の前兆が現れる年、後厄は厄が薄れていく年といわれています。 また男性の場合は42歳の本厄、女性は33歳の本厄が大厄と言われており、「一生のうちで厄が最も降りかかりやすい年」とされています。

鼻の日の由来は?

1961年(昭和36年)に日本耳鼻咽喉科学会が制定。 「は(8)な(7)」の語呂合わせ。 記念日を通して鼻の病気を減らすことが目的。 この日には各地で専門医の講演会や無料相談会などが行われる。

Previous Post
富士ゼロックスの年齢別の年収は?
Next Post
慢性疲労症候群の治し方は?