15 49.0138 8.38624 1 0 4000 1 https://www.bnter.com 300 true 0
theme-sticky-logo-alt

本心をありのままに語り合うこととは?

本心をありのままに語り合うこととは?

本心を話すことわざは?

「胸襟を開く」は、「きょうきんをひらく」と読みます。 「心に思っていることをすべて打ち明けること」です。 「隠し立てせずに、胸の内を話すこと」という意味を持つことわざになります。

本心を素直に明かす慣用句は?

[3]腹を割る:本心を打ち明ける
キャッシュ

「腹を割る」の例文は?

「腹を割る}の例文去年のクラスは、腹を割って話し合ってきたから楽だった。みんなと合流する前に、腹を割って話すことができればよかったのだができなかった。腹を割って話すことで、ともこちゃんに心を開いてもらった。腹を割って話せる人しか友人にしない。君は腹を割って僕と話をしているかい?

心を砕くとはどういう意味ですか?

「心を砕く」を辞書でひくと「①気をもむ。 心配する。 ②気を配る。 苦心する。

「ありのままを話す」の言い換えは?

嘘偽りなくそのまま言うことありのままに言うありていに言う隠さず言う本当のことを言うはっきり言う素直に言う

ありのままを受け入れる熟語は?

虚心坦懐(きょしんたんかい)

心にわだかまりがなく、平静に事に望むこと。 また、そうしたさま。 「虚心」は心に先入観やわだかまりがなく、ありのままを素直に受け入れることのできる心の状態。 「坦懐」はわだかまりがなく、さっぱりとした心。

素直な気持ちのことわざは?

虚心坦懐とは、なにごとにもこだわらず、素直な心でものごとに対することをいいます。 『虚心』は、心が素直で、なんのわだかまり、先入観も下心もないという意味です。 『坦懐』は広く平らな心、安定した静かな心境という意味です。

「青菜に塩」とはどういう意味ですか?

(青菜に塩をふりかけると、しおれてしまうところから)元気を失って、しおれていることのたとえ。 すっかり生気をなくして、ぐったりしているさま。 *俳諧・世話尽〔165 … 青菜に塩をふりかけた時のように、元気だった者が何かをきっかけにすっかりしょげてしまうさま。

「二の足を踏む」とはどういう意味ですか?

「二の足を踏む」は、「一歩目は進みながら、二歩目はためらって足踏みする。 思い切れずに迷う。 ためらう。 しりごみをする」という意味です。

「気のおけない」とはどういう意味ですか?

気の置けない 相手に気づまりや遠慮を感じさせないさまをいう。 「気が置けない(気の置けない)」は「気が置ける」の反対ですから,「気遣いの必要がない」「遠慮がいらない」という意味になります。 「大辞林」は「気が許せない,油断できない」という意味で使うのは誤りであることをわざわざ指摘しています。

「気を揉む」とはどういう意味ですか?

気(き)を揉(も)・む

心配してやきもきする。

「ありのまま」の丁寧語は?

「有り体に申しますと」は、包み隠さずありのままを話したいときに使う言葉です。 メールや会議などのビジネスシーンで使われますが、正しい意味や使い方を実は知らないという方も多いかもしれません。

「相手を受け入れる」の言い換えは?

受け入れる/聞き入れる/聞き届ける/認める/承認/承諾/受諾/受け付ける の共通する意味 相手の願いや要求などを聞いて、そのとおりにする。

相手の意見を受け入れる言葉は?

「承服」という言葉は、相手の意見や要望を受け入れ、それに従うという意味があります。

座右の銘とは何ですか?

教訓とする言葉 座右の銘は、いつも自分のそばに置いて、繰り返し確認したくなる言葉を表します。 「座右」は「身近なところ」を意味し、「銘」は「金属や鉱物などに刻み付けた文字」という意味です。 自分の考えや行動を戒めたり励ましたりする、教訓のように利用します。

心が清らかでさっぱりとしている四字熟語は?

きょしん-たんかい【虚心坦懐】

心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること。 心にわだかまりがなく、平静に事に望むこと。 また、そうしたさま。 ▽「虚心」は心に先入観やわだかまりがなく、ありのままを素直に受け入れることのできる心の状態。

寝耳に水とはどういうことですか?

思いがけないことが起こったり、思いもよらない知らせを受けたりした時に使う言葉です。 たとえば、「彼が自動車事故に遭うなんて、寝耳に水だった」のように、予想していなかった状況に直面した時に使います。 この言葉の由来を、「眠っている時に耳に水が入り、驚いた様子を表している」と想像する方も多いのではないでしょうか。

「木で鼻をくくる」とはどういう意味ですか?

木で鼻をこくったよう、木で鼻、ともいう。 相手を冷談にあしらう。 非常に無愛想で冷談なこと。

ためらって足踏みする二歩目とはどういう意味ですか?

ことわざを知る辞典 「二の足を踏む」の解説

一歩目は踏み出したものの、二歩目はためらってその場で足踏みする。 思い切って物事を進めることができないさま。 どうしたものかとためらう。

「亀の甲より年の功」とはどういう意味ですか?

年長者は、長年経験を積んでいるだけに、若者には及ばない知恵や技能がある。 さすが年長者だけのことはあると、称賛することば。 [解説] 江戸中期から用例があり、現在もよく使われています。

Previous Post
A罫とはどういう意味ですか?
Next Post
米のとぎ汁 なぜ捨てる?